偽物の薬を見定める判断材料

偽物の薬を見定める判断材料は幾つかあります。

まず一つ目は、取り扱っている会社が安心できるかです。
医療機関での薬の入手は正規のルートから医療機関は購入しているのでまず偽物はありません。
偽物が氾濫しているのは、インターネットでの販売でで特に海外からの輸入がほとんどです。
販売サイトは数多くありますが、安心できる会社かどうかの判断として会社情報が充実してるかです。
資本金や取引銀行、薬の取り扱い実績です。
さらに問い合わせ体制が充実しているのも重要です。
また、商品情報が写真やメーカー、製造国などの情報がきちんと公開しているかによって安心して利用できる会社かがわかります。

二つ目は、実際に購入した商品について、メーカーや製造国、使用方法に関してしっかりと記載されているかを確認するとよいです。
偽物の薬の場合は、表記がおかしかったり、字か間違っていると偽物の可能性が高いです。
さらにカプセルの場合は、形が崩れていたり、中身が出ていたり、包装が破れたりしているのも偽物である場合が多いです。

これらの情報の他に参考にできる判断材料として医療関連の参考サイトがあります。
偽物の薬に関する情報や注意点、実際に偽物を購入した方の口コミ記事もあるので参考になります。

個人輸入で薬を買うと安いが危険もある

個人輸入で薬を買う時の注意点を少し説明致します。
よくインターネットなどのクチコミなどをみていると個人輸入の薬はニセモノが多いと言われております。
実際に購入した方のクチコミなどをみているとニセモノだったということも書かれております。
また医者のホームページなどもみていますと薬は安いが危険もあるということが書かれております。
このように実際に医者や病院などが個人輸入の薬を否定していることが書かれているとやはり信用は薄れてくるものがあります。
個人輸入のホームページの薬は、ほとんどが外国生産の物ばかりであります。
その国では通用するものなので理論的にはニセモノとは一丸に言えないのかもしれません。
その薬が日本人に合うのか合わないのかという部分でニセモノという事でも判断されるのかもしれません。
一番安全なのは医者から処方箋をもらって購入するのが一番安全性が高いわけでありますが、人によっては個人輸入の方が都合が良いという場合もあります。
しかし安全面を第一に考えるのが薬の知識であります。
薬だけに変な物や合わない物を服用すると副作用などで大変なことになるかもしれません。
個人の自由なのでありますが、そのような点をよく考えて判断されると良いです。